(有)日建電気産業

〜宮古島紹介〜



専門学校誘致活動へのご協力要請


(社)宮古青年会議所
理事長 砂川拓也殿

夢・アクションプレジデント

謹啓 (社)宮古青年会議所におかれましても、時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
(社)宮古青年会議所はその誕生以来、『明るい豊かな社会』をスローガンに、地域の活性化をめざして積極的に運動を展開してきたわけですが、昨今の不景気、先行きの見えない社会不安や問題が山積する現状に屈することなく、運動を引き継いでご努力なさっている皆様に、OBとして敬意と感謝の意を表したく思います。

さて、私共「夢・アクションプレジデント」は、わが郷土宮古島市のさらなる発展を願い活動しておりますが、今回、市の活性化を図る上で非常に有効な手段の一つであるとして、専門学校誘致を提案しております。
それといいますのも、近年専門学校の需要がとみに高まっており、高校新規卒業者のみならず大学既卒者、中退者、フリーター、そしてすでに社会人としてのキャリアを持つ者にいたるまで、幅広い層の若者が進学を希望する状況となっているにもかかわらず、宮古にはいまだその需要にこたえるだけの信頼と実績をもつ本格的な専門学校がひとつもありません。そのため、多くの専門学校進学希望者は、多額の資金をかけて沖縄本島や本土へと移住しなくてはならず、その資金の捻出は、多くの世帯の生計を圧迫するものとなっており、また、希望を果たせず進学をあきらめる若者も少なくありません。

 宮古に専門学校を誘致することによって、今述べたような、宮古の多くの世帯の生活を圧迫している子弟の島外での生活費等莫大な経済的負担の大幅な軽減のみならず、島外・県外、さらには国外からの進学者、および職員の受け入れと、それによる消費経済効果ももたらすことが期待できます。

こういった観点から私共は専門学校誘致を推進してまいりますが、(社)宮古青年会議所におかれましても、これを活動として取り上げていただいて、組織をあげての積極的なご協力をいただきたく、ここに要請いたします。                      

謹白